2017年11月09日更新

投資家が閲覧するサイトでミリオンストック投資顧問への悪評が増えています。しかし、よく見れば悪い口コミの内容は薄く、具体性に欠けます。
また、ミリオンストック投資顧問への高評価も少なくなくて、同じサイトの中でも評判がブレているといえます。
確かに投資顧問の中には無登録業者をはじめとする悪徳企業も混ざっていますが、ミリオンストック投資顧問が悪徳と言い切れるのかは疑問です。
そこで、個人的にミリオンストックの実態を調べてみました。

ミリオンストックとはどんな投資顧問会社?

ミリオンストック投資顧問は金融庁から「金融商品取引業者」の認定を受け活動している会社です。
いわゆる「無登録業者」ではなく、調査力や実績には信用が持てます。ミリオンストック投資顧問は無料でさまざまな分野の人気銘柄や株式動向を発信しているのが特徴です。
情報をオープンにすることで、投資家が曖昧な知識で危険な銘柄を購入してしまう可能性を防ぎます。
ミリオンストックの会員に登録すると、無料でリアルタイムの情報が入ってくるので、投資の初心者にも力強いパートナーになってくれるでしょう。
ミリオンストックは有料サービスも充実しています。投資家の目標に合わせてプランを設定し、お小遣い程度の利益を上げたい人から投資で大儲けしたい人まで、適切な銘柄を助言しています。
もちろん、リスクを教えずにハイリターンな銘柄だけを押しつけるような営業はしていません。事前に投資のメリットもデメリットも説明したうえで、投資家の要望に沿った計画を提案していきます。
ミリオンストックの原動力になっているのは最高投資顧問である橋本明男氏の経験です。橋本氏は投資顧問として数々の実績を築き上げてきた業界の大ベテランです。
橋本氏のノウハウを惜しみなく公開してくれるコラムは年季の入った投資家からも一目置かれており、ミリオンストック投資顧問の高評価へとつながっています。

ミリオンストック投資顧問の低評価はステマかも?

ミリオンストック投資顧問の評価について考える女性ミリオンストック投資顧問が優秀な会社なら、ネット上で低評価が書かれているのを不思議に思う人もいるでしょう。
しかし、低評価のほとんどは匿名掲示板など信憑性のないサイトに書かれた情報です。具体的に「いつ」「何の案件で」「いくら」損をしたか書かれているコメントが少ないことに気づくでしょう。
ネット上の意見にはステマの可能性もあります。ミリオンストック投資顧問は数々の成功事例を挙げているためにライバル企業からすれば邪魔になる存在です。
少しでも評判を悪くして顧客を奪おうと、悪評を垂れ流す同業者がいてもおかしくありません。
特に、仕事内容では太刀打ちできない悪徳業者は姑息な手段に訴えて健全な投資顧問会社を蹴落とそうと考えます。
ステマ作戦は悪徳業者の典型的な手口であり、事実無根な悪口がネット上に拡散されていくのです。一度ネットに出回ってしまった悪評は真偽に関係なく投資家の間に広まっていきます。
しかも、一般的には「いい意見」よりも「悪い意見」の方にインパクトがあるため、悪い意見ばかりがクローズアップされがちです。
嘘の評判に踊らされて、健全な投資顧問を攻撃する側にまわっては悪徳企業の思うつぼです。賢明な投資家はステマを鵜呑みにせず、投資顧問会社の実態を見つめる視野を養いましょう。

投資顧問でも失敗することはあるため最終判断は自分で

自分自身で最終判断をする女性ミリオンストック投資顧問ほどの有能な会社でさえ悪評が出回ってしまうのは「投資家の八つ当たり」も考えられます。
善良な投資顧問会社は「絶対にこの銘柄は儲かる」「自分の話を聞いておけば間違いない」とは言いません。
あくまでも投資家が利益を得るために、参考となる助言を与えてくれるだけです。そして、投資家が自分の頭で考えて投資の業界を渡っていけるよう教育してくれます。
しかし、短気な投資家は「そんなことよりも儲かる銘柄だけ教えてくればいい」と望んでしまいます。
そして、投資顧問の意見を鵜呑みにし、短絡的に投資を行って損をすると「投資顧問が悪かった」と八つ当たりするのです。
ミリオンストック投資顧問も、こういった考えの浅い投資家からの批判は避けられません。投資家が覚えておきたいのは「どんなに有名な投資顧問でも予測に間違いはある」という鉄則です。
株式とは予想外の事件で変動する世界であり、大ベテランですら往々にして株式の流れを読み違えます。
投資で大儲けするのは難しいからこそ自分の頭で考える意識が重要です。投資顧問やネットの意見だけでなく、最終判断は投資家自身で下すようにしましょう。
失敗してもプロのせいにせず、「プロの意見を信じすぎた自分の責任だ」と受け入れるのが得策です。そして、広い視野を持ちながら経験を高めていけば投資で成功できるようになります。